平成28年度 千早病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 45 49 66 161 269 818 1069 701 136
入院患者の年齢別解析では70代が最も多く、次いで60歳代、80歳代となっています。当院では あらゆる年齢の成人患者様を診させて頂いていますが、日本の高齢化という人口構成と疾患を反映した年齢配分になっています。         
※○10症例未満の数値の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性疾患を含む) 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 176 2.45 2.72 0.00 66.06
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 36 10.17 7.89 0.00 64.28
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 16.50 13.50 10.00 61.47
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 29 10.69 5.50 6.90 61.07
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし A-DROPスコア0 25 9.04 8.31 4.00 44.48
当院の内科医師の専門領域は「肝臓・消化管・血液・糖尿病・膠原病」です。詳しく説明しておりますので、内科の頁をご覧ください。 内科の入院では、内視鏡下の大腸のポリープ切除のための入院が最も多くなっています。その他の腸疾患に伴う入院も多いです。肝硬変の治療に伴う入院も多いです。一般的な疾患である肺炎による入院も多いです。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 88 12.02 11.06 4.55 76.82
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 50 1.44 4.42 0.00 73.10
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 46 1.65 4.64 0.00 63.50
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 手術・処置等2なし 46 6.41 5.29 0.00 69.41
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 44 1.16 4.48 0.00 70.93
(注)この数字は入院の延べ数であり、繰り返し入院されている患者様を多く含んでいます。 当院の外科では手術室で行う大きな手術以外に、胆管結石や膵胆道悪性疾患に伴う胆管炎に対してX線透視室で行う内視鏡治療(胆管ステント留置術)を多数行っており、これが88件と最多で、ご高齢の患者様が多いのが特徴です。2-4番目はいずれも大腸癌(結腸癌・直腸癌)に対する化学療法(抗癌剤治療)で、多くの患者様が日帰り入院で繰り返し治療を受けるために入院されています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 40 36.33 20.57 17.50 81.00
07040xxx97xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) その他の手術あり 40 4.55 10.14 0.00 64.38
070230xx97xxxx 膝関節症(変形性を含む。) その他の手術あり 33 7.24 8.70 3.03 68.82
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 24 10.54 5.49 0.00 53.17
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 21 36.29 26.26 4.76 75.90
膝や股関節の変形性関節症に対する治療としては、人工関節置換のほか骨切り術も行っております。脊椎の圧迫骨折の患者さんについては入院後速やかに骨折型の評価と装具の採型を行います。いずれの患者さんも地域包括ケア病棟でのリハビリを継続可能なため、当院内で治療が完結するように努めております。このため転院率が低くなっております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 303 2.04 2.91 0.00 74.38
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 24 7.13 6.23 0.00 79.50
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.40 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - 3.44 - -
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.61 - -
外来では、加齢やメタボリックシンドロームに伴う白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などの疾患が主ですが、ぶどう膜炎や網膜色素変性症にも対応しています。また、セカンドオピニンも外来にて行っています。
※○10症例未満の数値の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 114 3.60 3.06 0.88 70.08
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 67 12.37 4.71 0.00 69.07
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 3.45 3.22 0.00 69.73
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 20.50 17.95 8.33 86.17
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 14.43 5.85 0.00 73.64
循環器内科で1番目と3番目に多い入院は、虚血性心疾患(狭心症や陳旧性心筋梗塞など)に対する心臓カテーテル検査のための入院で、2番目に多い入院は、そのカテーテル手術のための入院となります(なお、カテーテルによる治療はこの他にも、急性心筋梗塞などの疾患でもおこなっています。)4番目に多いのは、心不全治療のための入院です。平均年齢が86歳と非常に御高齢になっているのが特徴です。 5番目に多いのは、下肢動脈の狭窄・閉塞に対するカテーテル手術目的の入院です。 いずれもやや在院日数が長めですが、高齢の患者さんはきちんと自宅退院ができるよう、しっかりリハビリをおこなってから退院していただくことが多いのと、比較的若年の患者さんには今後同じ病気を繰り返さないように、食事や運動の勉強を確実におこなってから退院していただくためです。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 15 9 12 19 14 6 1 7
大腸癌 26 11 70 115 - 104 1 7
乳癌 - 28 17 - - 73 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - 16 33 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌・大腸癌・乳癌は、早期診断を目指して検診から積極的に行っています。治療は、進行度に応じて内視鏡治療、手術(腹腔鏡手術を原則)、化学療法(抗がん剤治療)をガイドラインに準拠して厳格に行っています(放射線治療は九大病院などに依頼)。また、手術後の再発予防の抗がん剤治療、再発後の長期にわたる抗がん剤治療にも積極的です。このため、大腸癌と乳癌の再発患者さんが累積されて数が多くなっています。肝癌は、発生母地となるウイルス性肝炎・肝硬変などで、長期の経過観察や治療を受けている方もたくさんおられます。肝癌治療は内科の頁をご覧ください。
※○10症例未満の数値の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 37 11.49 54.43
中等症 77 16.75 76.69
重症 - 20.00 87.14
超重症 - 30.00 92.00
不明 - - -
肺炎の重症度が軽症、中等症、重症、超重症と上昇するほど、治療が困難になるために在院日数が長くなっています。重症化に従って、高齢化している傾向があります。早期の発見、早期の治療が必要と考えています。
※○10症例未満の数値の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
脳梗塞のICD10別患者数等は、平成28年度中に千早病院を退院した患者さんより脳梗塞の病型別の患者さん について、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。脳血管疾患も死亡原因の上位に位置する疾患です。脳梗塞は早期に治療を行うことが効果的とされています。
※○10症例未満の数値の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 196 0.45 1.63 0.51 66.62 -
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 15 1.00 23.67 0.00 66.53 -
K654 内視鏡的消化管止血術 13 13.77 10.08 0.00 67.31 -
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 13 5.23 16.46 7.69 76.38 -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 13 2.46 10.92 7.69 75.15 -
内科の治療手技としては内視鏡下の大腸や胃のポリープ切除術が最も多くなっています。内視鏡学会専門医・消化器病学会専門医によりチーム医療を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 108 3.31 10.25 6.48 76.73 -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 65 2.03 6.43 0.00 58.32 -
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 47 1.09 4.30 0.00 68.53 -
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 19 5.16 21.00 0.00 72.11 -
K6852 内視鏡的胆道結石除去術(その他のもの) 11 0.09 3.82 0.00 76.09 -
手術とは、手術室で行う全身麻酔をかけるようなものだけでなく、内視鏡(胃カメラや大腸カメラ)を用いた治療処置も含まれます。よって、外科では多くの内視鏡治療を行っていますので「内視鏡的胆道ステント留置術」が110件と最多です。次いで多いのは胆石症に対する手術で、ヘルニアや大腸癌、胃癌、虫垂炎に対する手術が続きます。ほとんどの手術を腹腔鏡手術で行っているのが特徴です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股・膝) 46 3.20 34.35 8.70 73.80
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿・手舟状骨) 35 2.17 15.63 0.00 63.71 -
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕・下腿) 17 2.82 6.47 0.00 56.71 -
K0461 骨折観血的手術(上腕・大腿) 17 2.88 32.35 11.76 67.00 -
K0463 骨折観血的手術(鎖骨・手(舟状骨を除く)・足・指) 17 2.18 18.71 0.00 50.88
当科の手術症例では変形性関節症に対する人工関節置換と骨折に対する治療が多くなっております。特に骨折では上肢や足関節~足部の骨折が多数を占めています。急性期を過ぎた後も地域包括ケア病棟でのリハビリが継続可能であり、高齢者でも転院していただくことはほとんどありません。同一病院で急性期治療からリハビリまで完結できることが特徴になっております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 326 0.31 1.10 0.00 74.74 -
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - - -
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) - - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - - -
眼科の入院では、白内障が多数を占め次いで翼状片、眼瞼下垂となっています。 白内障手術の場合、手術当日に入院していただいています。主に片眼ずつ1泊2日で行っていますが、ご希望によっては、6泊7日で両目行うこともあります。 翼状片や、眼瞼下垂の手術も手術当日入院です。
※○10症例未満の数値の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 58 4.16 9.41 0.00 68.76
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 17 6.29 12.29 5.88 73.94
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 13 4.54 8.23 0.00 68.54
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) - - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) - - - - - -
循環器内科でおこなう手術は、虚血性心疾患(陳旧性心筋梗塞や狭心症、不安定狭心症)に対する冠動脈ステント留置術や冠動脈形成術という心臓カテーテル治療が中心です(この他に急性心筋梗塞に対してもカテーテル手術をおこなっています)。 次に多いのは、下肢血管の狭窄・閉塞に対するカテーテル治療です。 その次に多いのは、ペースメーカー植え込みで、脈が遅い場合に心臓に電気刺激を与えて心拍動を起こさせる装置と電線を体内に植え込む手術です。
※○10症例未満の数値の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
病気やけがの治療では様々な病状や合併症が発生することがあります。この4つはその代表的なもので、重症となることも少なくありません。当院では合併症発生予防に細心の注意を払っていますが、発生時はもちろん発生前から十分なご説明を心がけています。
※○10症例未満の数値の場合は、-(ハイフン)で表示しています。
更新履歴
2017年9月30日
平成28年度版 千早病院 病院指標を公開しました。